市長の部屋

更新日:2020年08月31日

市長からのメッセージ
市川 熙市長が椅子に座っている写真

ようこそ光市のホームページへ 光市長 市川 熙です。

 昨年は4月に地域コミュニティ活動の拠点である大和コミュニティセンターが開館し、5月1日の令和の時代の幕開けとともに地域医療の核となる新光総合病院が開院するなど第2次光市総合計画で掲げる目指すまちの将来像「ゆたかな社会」の実現に向け、歩みを進める貴重な1年となりました。

 迎えた本年は、オリンピック・パラリンピックが日本で開催される記念すべき年であります。自身の限界に挑む選手たちの姿から、皆様が様々な分野で自らの挑戦を始める1年となることを期待しています。

 本市におきましては、「ゆたかな社会」の実現に向け、大きく2つの事業に挑戦してまいります。
 1つ目は、防災力の強化であります。一昨年に発生した平成30年7月豪雨により、本市では甚大な被害を受け、現在被災箇所の復旧工事が着々と進んでいるところでありますが、頻発する自然災害から市民の皆様の生命と財産を守るため、早急な防災力の強化が求められます。そうしたことから、本年は平成30年7月豪雨を教訓に災害時の初動体制や災害対応活動の継続性を確保し、災害発生時市民の皆様の安全・安心を守るため、防災指令拠点の整備に向けた基本計画の策定に着手いたします。
 もう1つは、本市が目指すコンパクト・プラス・ネットワークのまちづくりの拠点である光駅周辺地区の整備です。誰もが使いやすい駅となるよう交通結節点としての機能向上などの課題を踏まえ、駅南北自由通路や駅前広場の在り方について検討を進めてまいります。

 この他にも取り組むべき課題は多々ありますが、第2次光市総合計画の計画期間が残り2年となり、本年は計画の最終年に向けた重要な年となります。私がモットーとする「対話 調和 人の輪は れいわの時代の合ことば」を出発点として、市民一人ひとりが安全・安心に、そして幸せを実感していただけるまちとなるよう、市民の皆様と共に、チーム光市がワンチームとなって、まちづくりを進めてまいる所存です。

 このホームページでは、こうした光市のまちづくりや魅力の一端をご紹介しています。光市政に対する皆様の温かいご理解とご協力をお願い申し上げますとともに、このアクセスをご縁に、ぜひ光市のことを知っていただき、また、一度訪れていただければ幸いです。       

 令和2年1月

光市市長「市川 熙」の名前の直筆

光市長

関連リンク