ジェネリック医薬品について

更新日:2020年03月02日

 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許終了後に、厚生労働省の認可のもとで製造、販売される医薬品です。
 新薬に比べて開発費用が少なく安価なため、被保険者の自己負担額が軽減されます。特に生活習慣病などの慢性的な病気により、長期間にわたり薬の服用が必要な場合は、自己負担額の軽減効果がより大きくなります。
 新薬とジェネリック医薬品を上手に使い分けることは、国民健康保険が負担する医療費の節減にもつながります。

注意事項

  • すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。
  • 医師が使用を認めない場合は、切り替えることができません。
  • 医療機関、薬局によっては取り扱っていない場合があります。

関連リンク

ジェネリック医薬品に関するさまざまな情報について検索は…

この記事に関するお問い合わせ先

市民部 市民課 国民健康保険係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1426

メールアドレス:kokuho@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。