新市誕生までの歩み

更新日:2020年03月02日

 新市「光市」は、平成16年10月4日に、旧光市と旧大和町の新設合併により誕生しました。1市1町の合併であり、また、合併後の新市は、人口規模が約5万6千人、面積が91.94平方キロメートルと比較的コンパクトな合併といえます。両市町は、古くから歴史的・経済的なつながりが強く、日常生活や教育文化など多くの分野において積極的な住民交流が行なわれていました。こうしたことから、分権時代における新たな住民ニーズに対応するためには、何よりも行財政基盤の確立が重要であることから、多くの住民の皆さんと合併協議を進めてまいりました。新市は将来像を、「光る個性 地域の和 人と自然にやさしい生活創造都市」とし、海・山・川に抱かれた心和む故郷づくりを目指します。新市誕生までの主な動きについては次のとおりです。

「光市・大和町合併協議会」設置 平成15年3月10日

光市と大和町の合併協議会の表札を掲げる男性2名の写真

平成15年3月26日に第1回合併協議会を開催し、平成16年9月28日開催の第19回合併協議会まで、協議会委員による積極的で真摯な合併協議が行われました。

その後

光市・大和町合併協定調印式 平成16年4月12日

調印式で署名した文書を掲げる男性2名の写真

過去14回の合併協議会における協議の結果、すべての合併協定項目の確認が終了し、協議会委員の立会いのもと合併協定書への調印が行われました。

その後

光市・大和町両議会で合併議決 平成16年4月21日

その後

県知事へ廃置分合(合併)申請 平成16年4月22日

合併申請書を知事に渡す両自治体関係者4名の写真

4月21日に、両市町で開催された臨時議会において合併関連議案が議決され、翌22日に県庁で光市長・大和町長・光市議会議長・大和町議会議長により、県知事に合併申請書の提出を行いました。

その後

県知事から合併決定書が交付 平成16年7月1日

合併決定書を持って並ぶ光市長と大和町長と県知事の写真

6月25日に、山口県議会において、光市と大和町の合併関連議案が議決され、県知事から光市長と大和町長に、合併に関する決定書が交付されました。

その後

総務大臣への届出 平成16年7月5日

その後

総務大臣の告示 平成16年7月22日

光市と大和町の合併を告示する官報

官報告示(写し)

7月22日発行の官報において、総務大臣の告示があり、光市と大和町の合併について、地方自治法に基づく手続きがすべて完了しました。

その後

新市「光市」発足 平成16年10月4日

新市市章のロゴマーク

新市市章

合併協議の状況はこちらから

この記事に関するお問い合わせ先

政策企画部 企画調整課

住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1407(企画係)、0833-72-1411(統計係)

メールフォームでのお問い合わせ

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。