本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 市民・くらし > 子ども・教育 > 青少年センター

ここから本文です。

最終更新日:2017年3月3日

青少年センター

〔主な業務〕

Q1. 光市の成人式は、落ち着いた雰囲気で感動的なので新成人の参加率が高いと聞いていますが、どのような特徴があるのですか。

A1.

光市では、成人式を儀式というよりも「光市成人のつどい」として、フェスティバルの形態をとり、新成人を主人公にして展開しているところに特徴があります。それは、「成人のつどい企画運営委員会」を青年団体の有志で構成し、若者たちの意見を取り入れた、新成人の祝賀にふさわしい「成人のつどい」となるよう企画しているからだと思います。

 

Q2.

「光市成人のつどい」は、いつ開催されるのですか。

A2.

成人の日(祝日)の前日(日曜日)に実施していますが、市外や県外の方も参加しやすいということで好評を得ています。日時・場所・対象・参加申込等については、事前に市広報「ひかり」を通してお知らせします。また、該当者にはハガキで案内をします。(消防出初式と重なる年につきましては、別の日になります)

 

Q3.

どのような人が、光市の成人式に参加できるのですか。

A3.

光市在住の新成人は当然ですが、光市出身であれば、市外・県外問わず誰でも参加できます。ただし、市外・県外の方は申し込みが必要です。
また、家族席を用意していますので、ご家族の参加もお待ちしています。

 

 

Q1. 少年少女セミナーとはどのようなセミナーですか。
A1. 少年少女の学校外活動を促進するため、「親子ふれあいチャレンジ体験」というテーマのもと、自然体験や創作体験などに取り組んで、人々や自然とのふれあいの大切さ、協調性、創造力を養うことを目的としたセミナーです。
対象は、全日程に参加できる市内の小学校1年生~3年生の児童とその保護者30組となっており、1年間を通して5回程度活動していきます。
 
Q2. では、その5回の活動内容を教えてください。
A2. (下記参照)

 少年少女セミナーの活動例

遊びの体験 焼き物の体験 人形づくりの体験 料理の体験 伝統芸能の体験

遊びの体験

焼き物の体験

人形づくりの体験

料理の体験

伝統芸能の体験

 

Q3. そのセミナーに申し込む方法を教えてください。
A3. 毎年、市広報「ひかり」(4月25日号)と、生涯学習情報誌「まなびんぐ・ひかり」(生涯学習講座特集号の折り込み)を通してお知らせしていますので、ご覧になって応募してください。
 
Q4. このセミナーで教えてくれる人は、どのような方ですか。
A4. 市内や近辺で各学習分野に詳しく、また、指導力のある方にお願いをしております。

 

Q1. 何のために有害図書を回収するのですか。
A1. 光市では、青少年の健全育成をめざして、生活環境の浄化に力を入れています。その一環として有害図書の回収を行っています。
 
Q2. どのような図書を回収するのですか。
A2. ポルノ雑誌、成人向けビデオやDVD等です。
 
Q3. 有害図書はどこに出せばよいのですか。
A3. 市内の8箇所に設置してある「白ポスト」に入れてください。
 
  1. 古川文具店裏
  2. 室積コミュニティセンター
  3. 室積公園駐車場
  4. 中松原自治会館前
  5. 島田駅前
  6. 三島公民館
  7. 浅江公民館
  8. 岩田駅前

Q4. 回収した有害図書類はどのように処分されるのですか。
A4. 環境事業課をとおして、資源ゴミとなります。
 
 
光市では、有害図書の自販機を完全撤去しています

 

Q1. 教育の問題等で相談に応じてくれる所はどこですか。
A1. 光市青少年センター(光市光井9-18-3)です。

ヤングテレホンひかり0120-72-3749

 
Q2. どのような悩みの相談に応じてもらえるのですか。
A2.

主として、幼稚園・保育園から小・中・高校生および各種学校の生徒で、教育等の問題についてどのような小さなことでも相談に応じます。
例えば、

  1. 学習について~勉強が嫌い、成績が下がるなど
  2. 性格や行動について~落ち着きがない、不登校、非行、暴力、神経症傾向、緘黙傾向、思春期の問題など
  3. 進路や適性について~進路の悩みなど
  4. 心身の障害について~発達の遅れ、言語、情緒障害など
  5. 家庭教育について~しつけ、家庭での勉強や人間関係など
 
Q3. 相談に応じてくれる人は、どのような人ですか。
A3. 普通、相談に応じるのは、青少年センターの相談員が担当しますが、必要に応じて教育・心理学の専門家も相談に応じることがあります。
 
Q4. 光市には、どのような教育相談の形態がありますか。
A4. 光市の教育相談には、大きく次のような2とおりの形態があります。
(1)相談員と直接会う(面接をする)「面接相談」
(2)電話を通して相談をする「電話相談」
 
Q5. 「面接相談」と「電話相談」について、もう少し詳しく説明してください。
A5. 「面接相談」には、青少年センター相談員に直接会って相談する方法と、病院の心理カウンセラー等の専門家に直接会って相談する方法「専門家による教育相談」があります。専門家による教育相談は、専門的な相談や治療が必要と思われるケースについてのみ、年に11回ほど実施され、本人が所属する幼稚園・保育園・学校を経由して、青少年センターに申し込むことになっています。
それ以外の相談は、青少年センター相談員が随時相談に応じています。
「電話相談~ヤングテレホンひかり」は、土曜日・日曜日・祝日・年末年始の休業日以外の日に、午前8時30分から午後7時まで、 A1の電話番号に電話をすれば、青少年センターの相談員が相談に応じます。(ただし、水曜日は午後5時15分までとなっております。)
※休業日及び時間外の相談は、留守番電話・FAXで対応しています。
 
Q6. 相談は、本人でなくても良いのですか。
A6. 本人が好ましいと思いますが、本人だけでなく保護者や担任等からの相談にも応じます。
 
Q7. 個人情報についてはどのようになっていますか。
A7. 秘密厳守は当然です。気軽にご利用ください。

お問い合わせ先

教育委員会文化・社会教育課社会教育係  
住所:光市光井九丁目18番3号
電話番号:0833-72-2245  
メールアドレス:bunsya@edu.city.hikari.lg.jp