医療制度

更新日:2020年03月02日

重度障害者医療費助成制度

助成の対象となる人

  • 身体障害者手帳の1級から3級を持っている人
  • 療育手帳のAを持っている人
  • 精神障害者保健福祉手帳の1級を持っている人
  • 障害を理由とする年金の1級を受給している人
  • 特別児童扶養手当1級の該当になる人
  • 上記に掲げる人の他に国民年金法施行令1級程度の障害を有する人

申請に必要な物

  • 障害の程度を証明するもの(身体障害者手帳、年金証書等)
  • 健康保険証
  • マイナンバー
  • 印鑑

申請先

福祉総務課障害福祉係 (光市総合福祉センター「あいぱーく光」2番窓口)

電話番号0833(74)3001 ファックス0833(74)3070

自立支援医療制度

 障害の程度を軽減したり、取り除くために必要な医療を受けることができる制度です。原則として医療費の1割を負担することになります。「世帯」(注釈)の所得の状況等に応じて、1ヶ月あたりの上限額が定められています。

注釈:「世帯」とは、自立支援医療を受診する人が加入している医療保険が健康保険や共済組合の場合には、扶養・被扶養の関係にある人全員、国民健康保険の場合には一緒に国民健康保険に加入している人全員、後期高齢者医療の場合には住民票の世帯で後期高齢者医療に加入している人全員を言います。

更生医療給付

 身体障害の程度を軽減したり、取り除くための医療(関節形成術、心臓手術、血液透析療法など)を指定医療機関で受けられます。(事前に主治医にご相談ください)

申請に必要な物

  • 医師の意見書
  • 身体障害者手帳
  • マイナンバー
  • 健康保険証(加入者全員分)
  • 年金証書(年金を受給されている方)
  • 印鑑

申請先

福祉総務課障害福祉係 (光市総合福祉センター「あいぱーく光」2番窓口)

電話番号0833(74)3001 ファックス0833(74)3070

育成医療給付

 障害の早期治療を行うため、18歳未満の障害児で、外来又は比較的短期の入院治療によってその機能の回復が期待される者について、その医療の給付が行われます。

申請に必要な物

  • 医師の意見書
  • マイナンバー
  • 健康保険証(加入者全員分)
  • 印鑑

申請・問い合わせ先

福祉総務課障害福祉係 (光市総合福祉センター「あいぱーく光」2番窓口)

電話番号0833(74)3001 ファックス0833(74)3070

精神通院医療給付

 精神障害に関する病気の治療のために指定医療機関に通院する場合に、その医療の給付を受けることができます。

申請に必要な物

  • 医師の診断書
  • マイナンバー
  • 健康保険証(加入者全員分)
  • 年金証書(年金を受給されている方)
  • 印鑑

診断書、申請書は下記にあります。ご不明な点はお問い合わせください。 

申請・問い合わせ先

福祉総務課障害福祉係 (光市総合福祉センター「あいぱーく光」2番窓口)

電話番号0833(74)3001 ファックス0833(74)3070

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保健部 福祉総務課 障害福祉係
住所:〒743-0011 光市光井二丁目2番1号
電話番号:0833-74-3001

メールアドレス:shougai@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。