農地の売買・貸借について

更新日:2020年03月02日

農地を耕作目的で買ったり、借りたりする場合には、農地法に基づいて農業委員会の許可を受ける必要があります。

許可の基準

下記の場合は認められません。

  • 小作地等の小作農等以外への所有権移転
  • 取得しようとするものが、所有する農地すべてについて耕作等の事業を行うと認められない場合
  • 取得後において耕作の事業に供すべき農地等の面積の合計が30アール(3反)に達しない場合
  • 住所地からその農地等までの距離から見て効率的に耕作等の事業を行うことが出来ると認められない場合

その他、特例がある場合もありますのでご相談ください。

農業経営基盤強化促進法による利用権設定の場合は農地法の許可は必要ありません。

農業委員会又は農業耕地課に利用権設定依頼書を提出してください。

この記事に関するお問い合わせ先

農業委員会事務局
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1502

メールアドレス:nougyou@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。