光市人権推進指針

更新日:2020年03月02日

「光市人権施策推進指針」を改定しました。

 市では、平成22年(2010年)9月に、本市の人権施策を総合的に推進するための方向性や方策等を示す「光市人権施策推進指針」を策定し、総合的な人権施策の推進に努めてまいりました。

 しかしながら、今日の社会においては、差別問題だけでなく、政治的要因、経済的要因、あるいは社会的要因などにより、基本的人権の享有が阻害される問題を含めて、様々な分野において人権課題が存在し、複雑・多様化しています。

 このため、社会経済情勢等の変化や法律等の制定や改正、さらには平成27年(2015年)9月に実施した「人権に関する市民調査」の結果等も踏まえ、引き続き、人権施策を総合的に推進していくため、このたび、光市人権施策推進指針」の見直しを行いました。

基本理念

 市民すべてが生涯にわたって、家庭、地域、職場、学校などあらゆる場において、自分の人格が尊重され、他人の人格を尊重し尊いいのち(生命)の主体者であるという、人間尊重を基本的な考え方として、引き続き「市民一人ひとりの人権が尊重された心豊かな地域社会」の実現に向け、人権施策に関する総合的かつ効果的な取組を推進します。

指針はこちらから

キーワード

いのち(生命)、じゆう(自由)、びょうどう(平等)

「光市人権施策推進指針」を策定しました。

市民一人ひとりの人権が尊重された心豊かな地域社会をめざして

 「人権」を取り巻く環境は、国際化、情報化の進展など、社会情勢の変化に加え、少子高齢化による家族や地域形態の変化などでますます複雑化しています。

 市では、人権施策を総合的に推進するため「光市人権施策推進指針」を策定しました。

 このたび策定した指針に基づいて、今後、より一層の取り組みを進めてまいりますので、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

基本理念

 指針では、市民の皆さんが生涯にわたり、家庭、地域、職場、学校などのあらゆる場で、お互いの人権を尊重する意識を高めることで、自由で平等な生活を営むことができる地域社会の実現を目指します。

指針はこちらから

キーワード

いのち(生命)、じゆう(自由)、びょうどう(平等)

指針の期間

平成22年度(2010年度)から平成28年度(2016年度)までの7年間

この記事に関するお問い合わせ先

市民部 人権推進課 人権推進係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1459

メールフォームでのお問い合わせ

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。