交通安全情報

更新日:2020年04月16日

市民一人ひとりが交通ルールを遵守し、日ごろから安全運転を心がけ、交通事故の減少に努めましょう。

情報提供

横断歩道での歩行者優先は、マナーではなく「ルール」です!

令和元年、県内では21人の方が歩行中に交通事故で亡くなられていますが、そのうち8人は横断歩道を横断中でした。

横断歩道は歩行者の横断が優先される場所です。ドライバーは、常に歩行者が安全に横断歩道を渡ることができるように、保護しなければなりません。

前方に、横断歩道や標識、予告表示を認めた場合には、速度を緩めて歩行者の有無を確実に確認し、横断しようとする歩行者がいた場合は、必ず一時停止をしましょう。

  • 横断歩道に歩行者等がいないことが明らかでない時は、その手前で停止できるように、横断歩道の手前で減速しなければなりません。
  • 横断歩道に歩行者がいる場合には、横断歩道の手前で一時停止し、歩行者の横断を待ちましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

市民部 生活安全課 交通防犯対策係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1451

メールアドレス:seikatsuanzen@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。