下水道の整備計画について(社会資本総合整備計画)

更新日:2020年03月02日

1 社会資本整備総合交付金

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備、その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的とし、これまでの個別補助金を原則廃止し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として、平成22年度に創設されました。  

2 社会資本総合整備計画について

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施するためには、おおむね3~5年で実現しようとする目標、事業内容等を記載した「社会資本総合整備計画」を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。  

3 光市における下水道事業整備計画について

 光市では、安心して暮らせる生活創造都市を実現するため、以下のとおり下水道事業に関する社会資本総合整備計画を作成し事業を実施します。

計画の名称

人と自然がきらめき安心して暮らせる生活創造都市光市の実現

計画の期間

令和2年度~令和5年度(4年間)

計画の目標

下水道整備を行い、安全・安心・快適な暮らしを実現し、良好な環境を創造する。

4 過去の下水道事業整備計画について

平成30年度~平成31年度の計画

平成27年度~平成31年度の計画

平成22年度~平成26年度の計画

この記事に関するお問い合わせ先

環境部 下水道課 工務係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1476

メールフォームでのお問い合わせ

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。