農業者年金について

更新日:2020年03月02日

農業者年金へ加入しませんか?

サラリーマンは国民年金の上乗せ年金として厚生年金や共済年金に加入しています。

農業者の皆様も、農業者年金でサラリーマン並みの年金を受け取りましょう。

加入要件

農業に従事する人は広く加入できます

60歳未満の国民年金第1号被保険者であって、年間60日以上農業に従事する人であれば誰でも加入できます。

積立方式で安定した財政運営

将来受給する年金は自らが積み立てる方式となり、少子高齢化の進展にも対応でき、長期に安定した制度です。

保険料の額は自由に決められます

月額2万円から最高6万7千円まで千円単位で選択できます。経営状況に応じて、いつでも見直すことが出来ます。

80歳までの保証がついた終身年金です

年金は65歳(60歳まで繰り上げ需給を選択できます)から終身支給されます。加入者や受給者が80歳前に亡くなった場合は、80歳までに受け取ると仮定した金額を死亡一時金として遺族が受け取れます。

国から保険料の助成があります

認定農業者など一定の要件を整えた意欲ある担い手に対して、保険料(月額2万円)の2割、3割、5割の政策支援(保険料の国庫助成)があります。ただし、政策支援部分を受給するには農地等の経営継承が必要です。

税制面でも大きな優遇があります

保険料は全額、社会保険料控除の対象になります。支払われる年金にも公的年金控除が適応されます。

この記事に関するお問い合わせ先

農業委員会事務局
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1502

メールフォームでのお問い合わせ

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。