本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 市民・くらし > まちづくり・建設・道路 > 法定外公共物について

ここから本文です。

最終更新日:2016年6月16日

法定外公共物について

法定外公共物とは

法定外公共物とは、法令(道路法、河川法など)の適用または準用を受けない公共物のことです。
公共物の中で、市道認定されていない道(里道、生活道)や用排水路などが法定外公共物に当たります。

従前の公図で、里道が赤色、水路が青色、で表示されていたことから「赤線」「青線」とも呼ばれています。

2000年4月1日施行の「地方分権一括法」により、機能を有している法定外公共物については、2005年3月31日までに国から光市へ譲渡されています。 

現在は、光市が所有する公共財産として、財産管理を行っています。

法定外公共物の維持管理について

 法定外公共物は、地域生活に密接に関わるものであるため、現在、「光市法定外公共物管理条例*」にもとづき、地元(利用者)の方々に、法定外公共物の維持管理をお願いしています。
補修方法などのご相談も受け付けておりますので、道路維持係にお問い合わせください。

なお、法定外公共物の維持管理の際に、必要な原材料を支給できる制度があります。詳しくはこちらをご覧ください。

光市法定外公共物管理条例

維持管理の様子

多くの市民の方々に、法定外公共物の維持管理を行っていただいています。

その一部をご紹介いたします。

土留め柵設置の様子

miyanoo1

miyanoo2

miyanoo3

 

草刈の様子

imazumi1

imazumi2

imazumi3

 

コンクリート舗装の様子

kuroi1

kuroi2

kuroi3

お問い合わせ先

建設部道路河川課道路維持係  
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1544  
メールアドレス:douro@city.hikari.lg.jp