令和4年度以降の光市成人のつどいについて

更新日:2021年02月09日

民法の一部改正に伴い、令和4年4月から成年年齢が18歳に引き下げられます。

このことを受け、光市では、改正される民法施行後の令和4年度以降に開催する「光市成人のつどい」について、以下のとおりとします。


対象年齢

従来通り、年度内に20歳を迎える者

【理由】

  • 20歳を対象とすることが市民等に定着しているため。
  • 飲酒、喫煙等が法律上可能となる20歳をもって、成人としての自覚を改めて促す機会とするため。
  • 18歳を対象者とした場合、対象者の多くが受験や進学、就職等を控えた年齢であり、出席が困難となることが予想されるため。
  • 18歳を対象者とした場合、令和4年度の開催において、18歳から20歳の者が対象となり、対象者を収容できる会場の確保が困難であるため。
     

実施時期

1月の三連休の日曜日(成人の日の前日)

名称

光市二十歳(はたち)のつどい(仮称)
※20歳の節目にふさわしいものを今後検討します。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 文化・社会教育課 社会教育係
住所:〒743-0011 光市光井九丁目18番3号
電話番号:0833-74-3604

メールアドレス:bunsya@edu.city.hikari.lg.jp