小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種について

更新日:2022年08月02日

小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種について

接種が受けられる時期

令和4年3月4日から令和4年9月30日の予定

New!!今後のワクチン接種の予定
1回目接種 2回目接種 予約の公開について
6月28日~7月16日 7月19日~8月6日 公開済
8月1日~8月10日 8月22日~8月31日
8月17日~8月27日 9月7日~9月17日
9月3日~9月6日 9月24日~9月27日 8月15日8時30分~

※ワクチンの有効活用の観点から、国からのワクチン供給量に応じて予約可能期間枠を公開します。ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

接種対象者と接種するワクチンについて

接種対象者:光市内に住民票がある5~11歳の方
※法律上では、誕生日の前日に1歳年を取ることになっているため、接種を受けられるのは、接種日において「5歳の誕生日の前日」から「12歳の誕生日の前々日」までの方です。

  ■特に接種をお勧めする方

  • 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方
    接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。(※) 日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。
    日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)
接種するワクチンの回数・種類・対象年齢
ワクチン 接種
回数
1回目と2回目の
接種間隔
接種対象年齢
ファイザー社の小児用ワクチン 2回 3週間 5~11歳

●1回目と2回目の接種間隔
3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。
光市においては、1回の予約で2回分(3週間後の同じ曜日・時間・場所)を確保します。(1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません)

〔他のワクチンとの接種間隔〕
▷他の予防接種を、新型コロナワクチンと同時に同じお子様に対して行うことはできません。
前後に他の予防接種(インフルエンザの予防接種を除く)を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と前後2週間の間隔を空けてください。

●接種対象年齢
接種する日の年齢です。
小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。また、12歳になったお子様は12歳以上用のファイザー社製ワクチンの接種となります。

接種までの流れ

1 接種場所を選ぶ

医療機関 ※医療機関への直接の予約はできません

医療機関 住 所
梅田病院 虹ケ浜3丁目6番1号
みちがみ病院  光ヶ丘2番5号
やまて小児科・アレルギー科 浅江1丁目10番12号

※入院中の方を除き、ワクチンは基本的に住民票のある市町村(住所地)で受けます。
住民票所在地以外での新型コロナウイルスワクチン接種についてはこちら

2 予約をとる

1 電話予約

新型コロナワクチン接種予約・相談コールセンター
0833-74-0567(受付時間 8:30~17:15 日祝年末年始を除く)

※電話番号をよくご確認の上、お電話をお願いいたします。

2 インターネット予約

※新型コロナワクチンは異なるワクチン(インフルエンザ、肺炎球菌感染症など)と2週間以上の接種間隔を空ける必要があります。接種スケジュールには十分ご注意ください。

2回目の予約について

  ワクチンの効果を十分得るために、同じ種類のワクチンを一定間隔あけて2回受ける必要があり、光市においては1回の接種予約で2回分の予約を確保します。
小児用ファイザー社製のワクチン:2回目の接種予定日は、1回目の接種日の3週間後(21日後)の同じ曜日、同じ会場、同じ時間
※例:令和4年3月10日も木曜日10:00にファイザー社製ワクチンの1回目接種を受けた場合、2回目の接種日時は令和4年3月31日木曜日10:00です。
   インターネット予約で申し込まれた場合、1回目の接種を終えた数日後に2回目接種予定日時を知らせるメールをご登録いただいたメールアドレスに送付をいたします。

3 接種当日のご注意

■予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。
※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。

■当日は、すぐに肩を出せる服装で来てください。

■37.5度以上の発熱や、体調不良の場合は、ワクチン接種を受けられません。コールセンター(0833-74-0567)にお電話で取消のご連絡をお願いいたします。

■忘れずにお持ちください。
▷本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
▷市町村より郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式
▷母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴を管理しているため)

4 接種後のご注意

接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、保護者が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。詳しくは、新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。
ワクチンを接種した後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料

接種を受ける際の同意

小児(5~11歳)については、現時点において、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないことも踏まえ、「接種を受けるよう努めなければならない」という努力義務は適用されておらず、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただいています。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。詳しくは、「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。
幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

■学校等におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口は「子どものSOS相談窓口」
■人権相談に関する窓口はこちら
■ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)はこちら