現場代理人の常駐義務の緩和に関する特記仕様書について

更新日:2020年03月02日

現場代理人の常駐義務の緩和に関する特記仕様書について

光市では災害により被災した地域の早期復旧を図るため、一定要件を満たす場合は、次のとおり現場代理人の常駐義務を緩和し、兼務を認めることとします。  

施工中のものを含め、全ての建設工事に適用する

特記仕様書

兼務要件

次の (1)から(6)までの全ての条件を満たす場合は、現場代理人の兼務を認めることができる。

  1. 災害復旧工事を含むこと。
  2. 兼務する工事が3件以内で、いずれも工事現場が光市内であること。ただし、通常工事においては、1件までとする。
  3. それぞれの工事の契約金額が3,500万円(建築一式工事は7,000万円)未満であること。
  4. 兼務する工事契約が異なる発注機関である場合は、他の発注機関が兼務を了承していること。
  5. 発注者と常に連絡が取れる体制を確保すること。
  6. 兼務するいずれかの工事現場に常駐すること。

申請等の手続き

  1. 現場代理人の兼務を希望する場合、現場代理人兼務申請書(様式1号)を工事着手前日までに工事担当課に申請する。
    承認を得た後、現場代理人及び主任技術者届を提出する。
  2. やむを得ない理由で現場代理人を変更しようとするときは、工事担当者とあらかじめ協議した上、現場代理人兼務変更届(様式3号)を提出する。
    なお、変更後の現場代理人が他の工事の現場代理人となっている場合は、現場代理人兼務申請書(様式1号)もあわせて提出しなければならない。                        

その他

虚偽の届出をした場合、不正又は不誠実な行為として取扱うものとする。

様式等

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 入札監理課 工事監理係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1404

メールアドレス:nyusatsukanri@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。