前払金支払限度額の撤廃及び中間前金払制度の導入について

更新日:2020年03月02日

 建設業者への円滑な資金提供による経営の安定化を図り、公共工事の適正な施工確保を目的として、請負代金の4割を限度に支払い可能な従来の前払金について、5000万円であった支払限度額を撤廃して無制限とし、かつ、この従来の4割を限度とする前金払に加え、工事の中間段階で一定の要件を満たしていれば、さらに請負代金の2割を限度に前払金を支払う中間前金払制度を導入します。

関連資料

関連様式

施行期日

平成28年4月1日以降契約するものから施行します。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 入札監理課 工事監理係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1404

メールアドレス:nyusatsukanri@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。