光市現場代理人取扱(試行)要領の制定について【H31年4月1日から】

更新日:2020年03月02日

現場代理人の兼務に関する取扱いについて

光市では、現場代理人について、一定要件を満たす場合は、2件まで兼務を認めることとします。  

兼務を希望される場合は、現場代理人兼務申請書(様式1号)の提出が必要となります。

申請の流れ

  1. 現場代理人の兼務を希望する場合、現場代理人兼務申請書(様式1号、様式2号)を発注者に申請することができる。
  2. 発注者は、受注者の申請に基づき、3又は4の要件を満たしており、現場代理人の兼務について、支障がないと認められるときは承認するものとする。
  3. やむを得ない理由で現場代理人を変更しようとするときは、その工事の監督職員とあらかじめ協議したうえ、現場代理人兼務変更届(様式4号)を提出しなければならない。
  4. 虚偽の届出をした場合、不正又は不誠実な行為として取扱うものとする。

手続きフロー参照(PDFファイル:26.6KB)

大規模災害復旧工事における現場代理人取扱の特例措置について

   広範囲に発生した公共施設等災害復旧工事については、、現場代理人の兼務の取扱いについては別に定める。

  • 平成30年8月31日から適用している特例措置は被災した箇所の早期復旧を目的としているため、引き続き、災害復旧工事を含む場合は3件まで兼務を認めることとします。

 

         現場代理人の常駐義務の緩和に関する特記仕様書について【H30年8月31日】

適用年月日

平成31年4月1日から施行する。

要領・様式等

要領

様式

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 入札監理課 工事監理係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1404

メールアドレス:nyusatsukanri@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。