2021年8月の「わ」日記

更新日:2021年09月21日

8月27日(金曜日)第92回都市対抗野球大会山口県予選出場に伴う日鉄ステンレス山口シーガルズへの激励及び市旗授与:市長室

動静写真

市川市長から日鉄ステンレス山口シーガルスの冨川部長に市旗が手渡されている様子
市川市長、日鉄ステンレス山口シーガルズの冨川部長、松本監督が、広げた市旗を持って記念撮影を行っている様子

内容

9月4日(土曜日)から始まる第92回都市対抗野球大会山口県予選に出場する「日鉄ステンレス山口シーガルズ」に、本市の市旗を授与し、大会出場に向けた激励を行いました。
同チームは、今年度からチーム名を「光シーガルズ」から「日鉄ステンレス山口シーガルズ」に変更され、新しいチームとしてスタートを切られました。新調されたユニフォームの右袖には本市の市章が入り、本市の代表チームであることがアピールされています。
今年のチームスローガン「飛翔~鉄の輝き全国へ~」のとおり、全国大会への出場に向けて、一戦一戦を大切に、まずは県予選の突破を目標に全力を尽くしていただきたいと思います。
光市民を代表して、心より応援いたします。

8月26日(木曜日)令和3年度第1回光市総合教育会議:教育委員会1階ホール

動静写真

総合教育会議の冒頭で挨拶を行う市川市長
総合教育会議の中で「やまと学園小中一貫教育」の取組が紹介されている様子

内容

教育委員の皆様と、様々な視点から本市の教育のあり方や進むべき方向性について協議を行うため、総合教育会議を開催しました。
今回は、令和4年度からのスタートに向けて策定を進めている「第2次光市教育大綱(案)」についてのご意見等をお伺いするとともに、重点的に取り組む事項の1つに掲げる「小中一貫教育」について、大和中学校区内の小中学校で構成する「やまと学園」の具体的な取組をご紹介いただきました。
小中一貫教育は、本市の教育理念「連携と協働で育む光の教育」の要の一つであり、令和2年度から全ての小中学校で取組をスタートさせ、各学校や地域の実情に応じた活動を展開しています。
引き続き、光市教育大綱の推進と、次期大綱の策定を進めながら、本市教育行政の総合的な推進を図ってまいります。

8月26日(木曜日)令和3年第2回周南東部環境施設組合議会定例会:周南東部環境施設組合

8月16日(月曜日)東京2020パラリンピック聖火リレー山口県聖火フェスティバル光市採火式:あいぱーく光

動静写真

Nダンスチームダイヤモンドのメンバーが、聖火の灯った焚火台から聖火トーチに火を移している様子
市川市長たちが、聖火の灯ったランタンとともに記念撮影を行っている様子

内容

東京2020パラリンピックの聖火の一部となる「光市の火」を採火するための採火式を、あいぱーく光で開催しました。
東京2020パラリンピックでは、日本各地で採火した火を、開催地である東京都で一つに集約し、聖火とします。
採火式では、「Nダンスチームダイヤモンドfeat.NOBORDER」の皆さんによるダンスパフォーマンスの後、まい切り式火起こしでの採火に挑戦しました。最初は、なかなか点火しませんでしたが、続く火打石の応援によって点火に成功し、無事「光市の火」が聖火台に灯りました。
そして、「光市の火」は、ランタンに移され、光市代表者の河村卓生さんに託されました。
東京2020オリンピック・パラリンピックの基本コンセプトの一つとして、「多様性と調和」が掲げられています。これは、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会を育む契機となるような大会にする、という想いが込められているそうです。
本市におきましても、障害の有無に関わらず、市民の皆様一人ひとりが自分らしく輝くことができる共生社会の実現に向けて、引き続き、様々な取組を推進してまいります。

8月16日(月曜日)令和3年度全国中学校体育大会「第52回全国中学校新体操選手権大会」出場報告:市長室

動静写真

全国中学校新体操選手権大会に出場する中村林伽さんが、市川市長、伊藤教育長と記念撮影を行っている様子
全国中学校新体操選手権大会に出場する中村林伽さんが市川市長たちと歓談している様子

内容

8月18日(水曜日)から東京で開催される第52回全国中学校新体操選手権大会に出場する山口大学教育学部附属光中学校の中村林伽さんが、全国大会出場の報告にお越しくださいました。
中村さんは、今年7月に開催された県中学校新体操選手権大会で個人総合1位となり、続く中国大会でも個人総合1位の成績を収められ、見事、全国大会への切符を手にされました。
コロナ禍により、昨年は全国大会につながる大会自体が中止になるなど、厳しい競技環境が続く中であっても、目標を見失うことなく、直向きに努力を積み重ねられたことが、この度の全国大会出場につながったのだと思います。
全国大会では、持てる力を存分に発揮され、力一杯頑張っていただきたいと思います。
市民の皆様を代表して、エールを送ります。

8月4日(水曜日)島田人形浄瑠璃芝居奉納上演:光市民ホール

動静写真

島田人形浄瑠璃芝居奉納上演の冒頭にステージ上で挨拶をする市川市長
光市民ホールの小ホールで、島田人形浄瑠璃の奉納上演が行われている様子

内容

県指定の無形民俗文化財である、島田人形浄瑠璃芝居の奉納上演を鑑賞しました。
この人形浄瑠璃芝居は、室町時代、島田の地で疫病が流行したときに、人々が疫病退散を願い、串を刺したキュウリに着物を着せて人形とし、人形浄瑠璃芝居を奉納したことが由来とされています。
コロナ禍により2年ぶりの奉納上演となった今回は「壺坂観音霊験記 壺坂寺・谷底の段」の一演目のみの上演となりましたが、保存会の皆様の迫力ある演技や巧みな演出により、人形浄瑠璃の持つ味わい深い世界観に浸ることができました。
こうした文化活動は、私たちの暮らしに潤いを与え、人と人とのつながりを生み出してくれるものと考えておりますので、引き続き、地域の文化活動を支える取組に努めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 秘書室
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1423

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。