2021年7月の「わ」日記

更新日:2021年08月11日

7月29日(木曜日)令和3年度光市自殺対策協議会:あいぱーく光

7月29日(木曜日)山口県国民健康保険団体連合会令和3年度第1回通常総会:国保会館(山口市)

7月28日(水曜日)光市がデザインした大漁旗のお披露目イベント:市長室

動静写真

市川市長とボーイスカウトの皆さん、松本奈津美さんが大漁旗を広げ記念撮影を行っている様子
応接席で市川市長、ボーイスカウトの皆さん、松本奈津美さんが歓談している様子

内容

東京大学生産技術研究所が、SDGsの認知度向上などを目的に展開している「日本各地を繋ぐ大漁旗プロジェクト」に参画するために、本市がデザインしたオリジナル大漁旗のお披露目を行いました。
この大漁旗は、ボーイスカウトの皆さんがイラストを描き、デザイナーの松本奈津美さんにデザイン化いただいたもので、本市の誇る豊かな自然や文化などの、まちの魅力が凝縮された作品となっています。
また、大漁旗の中央にあるキャンプファイヤーを模した「光」の文字の中には、市民の皆様や市内事業所の皆様からお寄せいただいた、「一人ひとりが取り組むSDGs」についての200を超えるメッセージが記載されており、持続可能なまちの実現を願う市民の皆様の想いが込められています。
なお、大漁旗は8月10日(火曜日)まで市役所玄関ロビーで、8月16日(月曜日)から8月31日(火曜日)までは地域づくり支援センターにて展示させていただきますので、是非、多くの皆様にご覧いただけたらと思います。

7月28日(水曜日)令和3年度第2回光地区消防組合議会臨時会:光地区消防組合消防本部

7月22日(木曜日)一般社団法人光青年会議所創立60周年記念事業新世紀タイムカプセル開封式典:光商工会議所

動静写真

光青年会議所OBの皆さんがタイムカプセルのボルトを外している様子
タイムカプセルから取り出された収納品を市川市長らが見学している様子

内容

一般社団法人光青年会議所様の創立60周年記念事業の一環として開催された、タイムカプセルの開封式典に参加させていただきました。
このタイムカプセルは、今から20年前の2001年に、虹ケ浜のなぎさ公園内に埋設されたもので、当時の小学生が20年後の自分と光の海の未来像を想像して書いたハガキや、当時の中学生が環境問題の解決をテーマに書いた作文など、非常に興味深い品々が多数収納されていました。
いつの時代も、子どもたちの夢や希望には無限の可能性が秘められています。彼らが歩んでいく未来が光り輝くものとなるよう、今を生きる私たちが、精一杯まちづくりを進めていかなければならないと、思いを新たにする機会となりました。

7月20日(火曜日)小泉維吹選手東京2020オリンピックセーリング男子49er級出場に伴う市長激励:市長室

動静写真

市川市長ら激励会参加者がリモートで小泉選手に激励を行っている様子
市川市長ら激励会参加者とリモートで参加した小泉選手がガッツポーズで記念撮影を行っている様子

内容

東京2020オリンピックセーリング男子49er級に出場される小泉維吹選手をリモートでお迎えし、ご両親や関係者を交えて、大会出場に向けた激励を行いました。
小泉選手は、7歳から光セーリングクラブでヨットを始められ、中学時代には山口国体で優勝、高校時代には国体やインターハイでの優勝を経験されるなど、ここ光の海で卓越した技術を磨かれました。さらに、高校卒業後は、海外を拠点とした競技生活を通じて、様々な経験を積まれ、この度、見事、オリンピック出場を勝ち取られました。
小泉選手が、オリンピックの舞台で躍動される姿は、私たちに夢や希望、勇気や感動をもたらしてくれるものと、大いに期待しています。
大会会場は遠く離れていますが、市民の皆様とともに、ここ光の地から大きなエールを送りたいと思います。
小泉選手!頑張ってください!

7月16日(金曜日)山口県国民健康保険団体連合会令和3年度第2回理事会:国保会館(山口市)

7月15日(木曜日)令和3年度光市健康づくり推進協議会:あいぱーく光

7月15日(木曜日)令和3年度光市休日診療所運営協議会:あいぱーく光

7月15日(木曜日)光ロータリークラブ様からの防災資機材の寄附受納式:室積中学校

動静写真

光ロータロークラブの時盛会長、吉井前会長、市川市長、伊藤教育長が目録を手に記念撮影を行っている様子
光ロータロークラブの皆さん、室積中学校の生徒の皆さん、市川市長、伊藤教育長が寄贈品の段ボールパーテーションの前で記念撮影を行っている様子

内容

光ロータリークラブ様の創立40周年記念事業の一環として、避難所用のダンボールシステムパーテーション40台をご寄贈いただきました。
また、受納式の当日には、室積中学校の3年生の皆さんにご協力いただき、実際にダンボールシステムパーテーションの組立から設置までの作業を体験していただきました。
コロナ禍の昨今、災害時における避難所の環境整備は、特に重要な課題の1つです。
この度、ご寄贈いただきましたパーテーションは、主に避難が長期化する場合の避難所用防災資機材として、有効に活用させていただきます。
この度は、誠にありがとうございました。

7月12日(月曜日)東京2020オリンピック聖火リレーにおける聖火ランナーの市長表敬訪問:市長室

動静写真

聖火ランナーの吉田基世さんが聖火トーチを手に、市川市長、伊藤教育長と記念撮影を行っている様子
聖火ランナーの吉田基世さんと市川市長、伊藤教育長が歓談している様子

内容

東京2020オリンピックの山口県選出聖火ランナーである吉田基世様が、聖火リレー活動の報告にお越しくださいました。
吉田様は、5月13日に本市内のリレー区間を走行予定でしたが、コロナ禍により、当日の公道における聖火リレーが取り止めとなったため、同日、山口市で行われた「点火セレモニー」に観覧者として参加されました。
また、6月27日に山口市で開催された「やまぐちオリンピック聖火リレーメモリアルミーティング」に参加され、聖火ランナーによる言葉のリレーの中で、東京2020オリンピックへの思いを全世界に向けて発信されました。
今後、吉田様には、オリンピック聖火ランナーとして、スポーツ活動の普及促進や地域の活性化等にお力添えをいただけたらと思います。
吉田様の更なるご活躍を期待いたします。

7月8日(木曜日)連合山口東部地域協議会光地区会議様からの手指消毒剤の寄附受納式:市長室

動静写真

連合山口東部地域協議会光地区会議の小西泰行代表から市川市長へ手指消毒剤が手渡されている様子
連合山口東部地域協議会光地区会議の皆様と市川市長が寄贈品の手指消毒剤を手に記念撮影を行っている様子

内容

この度、連合山口様が取り組まれる「地域への社会貢献活動」の一環として、連合山口東部地域協議会光地区会議様から、手指消毒剤23個をご寄贈いただきました。
昨今のコロナ禍において、手指消毒剤はマスクと同様に暮らしのインフラになりつつあると感じています。
この度、ご寄贈いただきました手指消毒剤は、ご意向に沿い、市本庁舎をはじめ市管理施設等にて有効に活用させていただきます。
本当にありがとうございました。

7月8日(木曜日)株式会社バカン様との災害時避難施設に係る情報の提供に関する協定の調印式(リモート開催):第5会議室

動静写真

市川市長が協定書に調印している様子
株式会社バカンの河野剛進代表取締役と市川市長が、調印後の協定書を手にリモートで記念撮影を行っている様子

内容

株式会社バカン様と「災害時避難施設に係る情報の提供に関する協定」を締結しました。
この協定により、株式会社バカン様がインターネット上で展開する「バカンマップス」を無償で利用させていただき、災害時に避難所の開設・混雑状況を市民の皆様等に発信することが可能となります。
災害時における避難所関連の情報は、安全・安心で迅速な避難を行う上で、欠かすことはできません。こうしたツールも最大限に活用しながら、引き続き、災害に強いまちの構築を進めてまいります。

7月2日(金曜日)令和3年度第1回光市行政改革市民会議:大会議室1・2号

7月1日(木曜日)災害時におけるペット同行避難所の運営に係る支援に関する協定の調印式:光テクノキャンパス研修センター

動静写真

市川市長が協定書に調印している様子
市川市長、福島隆雅院長、弘津和之院長、菅原雅俊前院長、河野節子院長が調印後の協定書を手に、記念撮影を行っている様子
ペット同行避難訓練において、参加された市民の皆さんが受付の順番を待っている様子
ペット同行避難訓練において、大蔵池公園に設置されたペットケージ置き場で使用方法等の説明を受ける参加者の皆さん

内容

ペットは家族の一員であるという意識が根付いた昨今、災害時におけるペットとの同行避難への対応が全国的な課題となる中、本市では、ペットと暮らす方々が災害時に躊躇することなく避難行動がとれるように、7月1日からペットとの同行避難に対応できる専用避難所を試行実施します。
また同日、ワールド動物病院様、光動物愛護病院様、菅原獣医科医院様、かわの動物病院様と「災害時におけるペット同行避難所の運営に係る支援に関する協定」を締結しました。
同協定は、災害時にペット同行避難所を運営する際、市内動物病院の獣医師の先生方に、同避難所での動物の回診や健康相談、物資の供給等の支援協力をお願いするものです。
調印式後には、実際にペットと生活をされている市民の皆様のご協力のもと、ペット同行避難所の運営訓練を実施し、避難者とペットの受入手順等の確認を行いました。
協定の締結や避難所の施行実施に向けて多くのアドバイスをいただきました獣医師の先生方、暑い中、訓練にご参加いただきました市民の皆様方に、改めてお礼を申し上げます。
引き続き、市民の皆様の安全・安心な暮らしの確保に向けた取組を進めてまいります。

7月1日(木曜日)地域おこし協力隊第2期隊員の着任に伴う市長訪問:市長室

動静写真

地域おこし協力隊第2期隊員の林文明隊員が市川市長に着任の挨拶を行っている様子
林文明隊員と市川市長が肘タッチを交わしている様子

内容

7月1日付で、本市2人目となる地域おこし協力隊員に林文明さんが着任されました。
林さんには、伊保木地区を活動拠点として、コミュニティプランの実現に向けた支援や、地域の魅力発信など、地域のさらなる活性化に向けた支援活動に従事いただきます。
任期は最長3年間ですが、地域の皆様との触れ合いを大切にしながら、1日1日を有意義に過ごしていただき、地域課題の解決に向けて積極的に活動いただきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 秘書室
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1423

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。