「ひかりエコくらぶ~みんな集まれ!野あそび隊~」の隊員を募集しています。

更新日:2020年03月02日

 みんなでつなぐ 環境「まなび」プロジェクト

平成30年度環境「まなび」推進事業 『 ひかりエコくらぶ 』 ~ みんな集まれ!野あそび隊 ~

ひかりエコくらぶ

 子どもが遊びながら自然とふれあうことで、豊かな感性や自然を敬愛する心を育むとともに、豊かな自然環境を継承する大切さを学んでもらうことを目的とした体験学習会を実施します。

第2回ひかりエコくらぶ~冬だって おそとであそぼう~を実施しました〈平成31年2月23日(土曜日)〉

 平成31年2月23日(土曜日)に、周防の森ロッジにおいて『第2回ひかりエコくらぶ~冬だって おそとであそぼう~』を実施しました。

 講師は山口市阿知須から遠路はるばるお越しいただいた《山口県シェアリングネイチャー協会事務局長 で、いきいき体験研究舎「遊創の森Y企画」代表の松田 義政 先生》です。

 開会式ののち、さっそく松田先生による生き物当てゲームが始まります。松田先生が、ある生き物の特徴を1つずつ言っていきます。参加した子ども達、保護者の皆さんは答えの生き物がわかったら自分の鼻に人差し指を当て、先生に知らせます。

“その生き物は、「赤ちゃんで生まれます」「空を飛びます」「悪い虫を食べてくれます」「とても目が悪いです」…最後に「逆さにぶら下がっています」”

 子どもたちは一生懸命考えます。最後の特徴で嬉しそうにみんなが鼻に手を当てました。

 みんな、わかったかな?いっせーのーで言ってみよう! コウモリ~~!!(皆で)

木造の室内で子どもたちの前に立ち説明をする男性の写真
木造の室内で子どもたちの前に立ち説明をする男性の写真
赤と白の同じ帽子をかぶった子供たちが体育座りで座っている写真
座っている子供たちとその後ろの保護者達に向かって男性が話をしている写真

 その後、外に出て『コウモリ』と『蛾(ガ)』になりきって生き物の気持ちを考えるゲームを行いました。

超音波で蛾を見つけた蝙蝠と蝙蝠に焦る蛾のイラスト

ネイチャーゲーム≪コウモリとガ≫

  1. 皆で輪になって、コウモリと蛾だけが生きる世界を作ります。
  2. コウモリの役1人、蛾の役4人が輪の中に入ります。
  3. コウモリは目が見えないため、超音波で蛾の場所を特定します。
  4. 生き物の特性を再現するため、コウモリは目隠しをし、蛾は、超音波の代わりにコウモリが「バット!」と言ったら、「モス!」と叫んで自分の場所を知らせなければなりません。
  5. コウモリは生きるため、蛾を食べなければなりません。蛾は食べられないよう、コウモリから逃げます。

 コウモリ役の子は目隠しをして何も見えない中、蛾の声(超音波)と気配を頼りに、蛾を追いかけます。蛾の役の子ども達は、コウモリに捕まらないよう、輪の中で必死に逃げ回ります。

外で輪になって遊ぶ子どもたちの写真外で輪になって遊ぶ子どもたちと輪の中心にいる男性の写真
外で輪になって遊ぶ子どもたちと輪の中心にいる男性の写真
外で輪になって遊ぶ子どもたちと輪の中心にいる男性の写真

 コウモリ役をした子は、「目が見えないので、耳を澄ませて蛾がいるところに行くのが大変でとても難しかった。」、反対に、蛾の役をした子ども達は「声を出すと、コウモリがすぐ追ってくるが、コウモリの背後に回れば生き延びられる。」とお互いの気持ちになって、自然界の生き物について考えることができました。

 最後に、松田先生は「今回はコウモリと蛾のみの世界でしたが、自然はこういった連鎖(つながり)で成り立っています。コウモリは食べないと生きていけないし、蛾は生き延びるために必死で逃げる。自然界の「食う食われる」の関係や自然界の仕組みが、このゲームを通してわかりましたね。」と子ども達に語りかけました。

 次に向かったのは、ロッジ前の島田川です。ここでは、石を使って『石のビンゴゲーム』、『石の鑑定団』、『石積みチャンピオンゲーム』、『水切り』を体験しました。石の鑑定団では、それぞれがお気に入りの石を1つ選び、その石に名前を付け、シートの上に並べて観察しました。「なぜこの石を選んだのか」、「なぜその名前を付けたのか」一人ずつ話し合い、意見交換を行いました。

河原で石のビンゴゲームをする子どもたちの写真
橋の上で子どもたちに説明する男性の写真
地面の上に置かれた子どもたちが名前をつけた石の写真
河原で石で水切りをする子どもたちの写真

 水切りでは、『平たくて、ツルツルした石を水面に平行に投げる』ことをポイントに、島田川に向かって投げ入れます。なかなか上手に飛ばせない子ども達は、大人たちの見事な手さばきにあこがれの視線を向け、必死になって練習していました。

 しっかり遊んだあとは、恒例のおやつタイム 今回のおやつは、手作りピザです。職員が丹精込めて生地から作ったお手製のピザを、ロッジ自慢のピザ窯で焼き上げました。川で思いっきり遊んだ子ども達は、相当おなかが減っていたようで、自分たちの分を食べ終えた後、「まだあるの~?」と、保護者さん用に用意して余ってしまったピザもみんなで完食してくれました。

外で机でピザを食べる子どもたちの写真
外にある東屋でピザを紙皿に受け取る子どもたちの写真
室内で体操をする子どもたちの写真
赤と白の同じ帽子をかぶった子供たちが体育座りで座っている写真

 最後に、今年実施したひかりエコくらぶの活動をみんなで振り返りました。アンケートでは、「今後は家族で森に遊びに行ってみたい」や、「自然を増やしたい」といった感想をいただきました。

 今回参加してくれた子ども達が、この活動を通して感じたことなどをまとめた感想動画を、下記動画サイト「Youtube-ひかりチャンネル-」にて公開しています。

次年度は“夏” “秋” “冬”の計3回実施予定です。小学校1~3年生になる、皆さんのご参加をお待ちしています

河原で撮られた男性と子どもたちが旗を持って映る集合写真

第1回ひかりエコくらぶ~秋だよ おちばであそぼう~を実施しました 〈平成30年11月11日(日曜日)〉

 平成30年11月11日(日曜日)に、周防の森ロッジにおいて『第1回ひかりエコくらぶ~秋だよ おちばであそぼう~』を実施しました。

 講師は岩国市の丸太村からはるばるお越しいただいた《森林インストラクター 橋本 順子 先生》です。

黒いベストを着た人物とキャップをかぶった人物が子供たちに話をしている写真
室内で整列して並んだ子供たちが手前の人物の話を聞いている写真
机の上に置かれた赤い帽子とバッジの写真
天井から照明が垂れ下がった部屋で遊ぶ子供たちの写真

 隊員の子どもたちはとても元気の良い、市内の小学生20名。受付で隊員の証である「キャップ」と「缶バッチ」を渡し、開会式が始まります。

子どもたちは、司会の職員の話をよく聞き、俊敏に行動してくれる子たちばかりで、整列や返事もはきはきとしており、スムーズに開会式は終了しました。

 開会式の後、まずは周防の森ロッジ周辺を探検します。時折、橋本先生から森についての豆知識や、うんちくを聞きながら気に入った落ち葉を拾います。

施設の庭で説明を立って聞く子どもたちの周りに保護者が待機している写真
小さな階段の上に立ち説明をする人物の写真
室内で落ち葉を使った作品を作る子どもたちの写真
床に並べられた落ち葉を使って作られた作品の写真

 探検の後は、落ち葉を使ったお絵かきの時間。探検の際に持ち帰った葉や、先生があらかじめ用意していたカラフルな落ち葉を“魚”や“蝶々”の形に見立て、画用紙に貼っていきます。完成した作品は、きれいにラミネートし、隊員の子どもたちにプレゼントしました。また、どんぐりのやじろべえ作りも体験し、『どうしたら左右の重さが均等できれいなやじろべえができるのか』、先生と考えながら、みんなで力を合わせて取組みました。

屋外で調理する食材を眺める子どもたちの写真
食材を棒に突き刺し焚火であぶる子供たちの写真
火であぶった食材を食べながらピースしている男の子二人の写真
外で机を囲んで焼いた食材を食べる子どもたちの写真

 工作の後は、みんなでおやつタイム 焼き芋、焼きじゃがいもをいただきます。今回は、自分たちでマシュマロを竹に刺し、焼きマシュマロも作りました。5センチサイズの巨大マシュマロを自分たちの好みの焼き加減でいただきます。普段なかなか体験することのない“焚き火を使ったお菓子づくり”に終始、興奮気味の子どもたち。たくさんあった焼き芋、焼きじゃがを親御さん方と一緒に完食しました。

ネイチャービンゴカード

使用したビンゴカード

最後はロッジ内でネイチャービンゴゲームです。『におい』や『感触』、『色』などがランダムに書かれたビンゴカードを使い、自然を感じながら当てはまるものを一斉に探します。

中には、「全部見つけた!!」という子たちも何人かおり、広場内を駆け回りながら、自然とのふれあいを楽しんでいました。

外で山の階段を登る子どもたちの写真
ホワイトボードが設置された部屋で話す男性と話を聞くため集まった子供たちの写真
木の床に2列に並んだ落ち葉を貼り付けた創作作品の写真
ホワイトボードに書かれたひかりエコくらぶのタイムスケジュール表の写真
室内で2列に並んだ子どもたちとその後ろに立つ男性たちの集合写真

次回は、平成31年2月23日(土曜日)に『第2回ひかりエコくらぶ~冬だって おそとであそぼう~』を実施予定です!

この記事に関するお問い合わせ先

環境部 環境政策課 環境政策係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1465

メールフォームでのお問い合わせ

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。