「令和3年度光市省エネ生活普及促進事業(エコライフ補助金)」

更新日:2021年04月15日

みんなで輝く LEDで光るまちプロジェクト ・ みんなで創る エコまち推進プロジェクト

令和3年度光市省エネ生活普及促進事業(エコライフ補助金)の申請受付を開始します。(受付は令和3年4月26日から)

  光市では、地球温暖化対策の一環として、市内の既存住宅に省エネルギー設備を設置する際の費用の一部を補助します。

  ※事前に申請が必要です。
  ※予算の範囲内で先着順となります。

1 お知らせ

  ・令和3年4月26日(月曜日)より令和3年度の受付を開始します。新着

  ・令和3年度より申請書類等の押印を廃止しました。

2 予算額

  600万円

3 対象設備

対象設備

対象設備

補助金額

補助上限

住宅要件

業者要件

太陽熱利用システム

設置経費(税抜価格)の
2分の1

30,000円

既存住宅

市内業者

LED照明設備
(注意)設置基数により
上限額が異なる

設置経費(税抜価格)の
3分の2

50,000円

複層ガラス、二重サッシ 【設置経費(税抜価格)
100,000円以上のもの】

50,000円

50,000円

  • 対象設備は未使用のものであることを条件とします。  
  • LED照明設備については、電池式や可搬型(電気スタンド等)、光源(電球・電灯)のみの交換は対象外となります。また、1基は居室(居間、台所等継続的に使用する部屋)に設置する必要があります。
  • 必ず着工の15日以前に申請を行ってください。(注意)着工後に申請された場合は、補助金を交付できません。

対象設備の要件や、補助額など、詳しくは申請要領(手引き)をご確認ください。

4 補助対象者

  1. 自らが居住する市内の既存住宅に設備を設置する方(新築不可)
  2. 市税を完納している方
  3. 令和4年3月20日(日曜日)までに設置を完了し、令和4年3月22日(火曜日)までに実績報告ができる方

5 申請受付期間

令和3年4月26日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで。

※予算の範囲内で先着順としますので、期間中であっても受付を終了することがあります。

6 補助金交付までの流れ

7 交付要綱

8 申請要領

9 注意事項

  • 必ず着工の15日以前に申請を行ってください。(注意)着工後に申請された場合は、補助金を交付できません。
  • 消えるボールペンや鉛筆で書類を記入しないでください。必ず黒インクのボールペンを使って記入してください。
  • 過去に補助を受けた方及びその同一世帯の方は、すでに補助を受けた対象設備の申請はできません。
  • 補助金の交付は予算の範囲内で先着順となります。
  • 申請書と見積書等の添付書類の氏名は一致させてください。
  • 申請書等の様式を変更しています。必ず今年度の様式を使用してください。

10 申請時の提出書類

提出書類

(注意)必ず両面印刷してください。

添付書類
  1. 見積書の写し
    (注意)数量・単価など経費の内訳が明記されており、市の補助に係る経費が確認できるもの
  2. 経費内訳書(PDFファイル:71.2KB)(対象設備ごとに作成)
  3. 設置場所を示す書類(住宅平面図、立面図等)
  4. 設置予定箇所の現況写真
  5. 対象設備の仕様書又はカタログの写し
  6. 市税の完納証明書(申請前1か月以内に発行のもの)
    (注意)転入により本市での課税がない方は、当該住所地(前住所地)及び本市の完納証明書を添付してください。 
  7. 承諾書(申請書と建物所有者が異なる場合、共同物件の場合)(PDFファイル:58.1KB)

11 申請様式

必ず両面印刷してください。

必ず両面印刷してください。

必ず両面印刷してください。

12 参考

13 設置後の適切な管理について

補助金を受領し設置した設備については、法定耐用年数の間、適切な管理をしてください。やむをえない事情で処分等を行う場合は、届け出てください。

14 申し込み及び問合せ先

  • 環境部 環境政策課 環境政策係(本庁舎1階北側11番窓口)
  • 電話番号 0833-72-1465

よくある問い合わせ

申請に係るFAQ
  • 申請時の添付書類である「見積書」の宛名は申請者と同じ必要がありますか?
    →はい。申請者と合致する必要があります。(注意)配偶者の名前不可。
  • 郵送での申請はできますか?
    →いいえ。申請は必ず窓口での申請となります。(業者の方による代理申請は受け付けております。)
  • 補助金交付決定通知書が交付されたら、申請時の着工予定日よりも早めて工事を開始してもいいですか?
    →はい。交付決定通知書が交付され次第、購入・工事をしていただいて結構です。
  • 屋外にある照明設備(門灯など)は対象になりますか?
    →はい。住宅と同じ敷地内ある照明設備(玄関灯、門灯、通路灯、ガレージ、物置)は対象となります。ただし、1基は居室(居間、食事室、台所、寝室、和室など継続的に使用する部屋)に設置する必要があります。
  • 申請者が対象設備を業者から購入し、自身で設置する場合は対象になりますか?
    はい。ただし、市内業者から購入した場合に限ります。
  • 1つのスイッチで複数の照明が操作できるダウンライトは1基と数えますか?
    →いいえ。1つのスイッチで3つのダウンライトが操作できる場合は3基分と数えます。
  • 5,000円と30,000円の照明設備を1基ずつ(合計2基)購入した場合、補助金額はいくらになりますか?
    →20,000円となります。
    計算式:((5,000+30,000)÷3)×2=23,333...
    2基の上限額20,000円を超えているため補助金額は20,000円となります。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

環境部 環境政策課 環境政策係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1465

メールアドレス:kankyouseisaku@city.hikari.lg.jp

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。(100文字以内)

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。