本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 山口国体とは

ここから本文です。

最終更新日:2011年2月10日

山口国体とは

ちょるる前ちょるる前 
 平成23年10月1日から11日にかけ第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」が開催されます。山口県で国体が開催されるのは、昭和38年(東京オリンピックの前年)以来、48年ぶりのことです。


第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」について

第66回国民体育大会
おいでませ!山口国体
君の一生けんめいに会いたい

正式名称

 第66回国民体育大会

  ※ 国体についての解説はこちら

愛称

 おいでませ!山口国体

趣旨

 元気あふれる山口へ、ようこそ。
 全国から集う人々を、150万県民一人ひとりが温かくお迎えします。

特徴

 「おいでませ!」の文字は元気で躍動感あふれるデザインとし、山口県のエネルギーを表現しています。
 また、「おいでませ!」の文字に「ようこそ!!」を組み込み、全国から集う人々を温かく迎える想いを表現しています。
 ロゴタイプの変化 (おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会のページへリンク)

スローガン

 君の一生けんめいに会いたい

趣旨

 力と技を競うアスリート
  見守り応援する観客
   大会を支えるボランティア
 みんなの一生懸命がきらめく、夢と感動にあふれる大会を目指します。

マスコット 

ちょるる前
     

愛称

    ちょるる 

プロフィール

 心やさしく、体を動かすことが大好き。山口の豊かな自然の中で、元気いっぱいに育ちました。
 ちょっと不思議な髪型は、人や自然からあふれるエネルギーをキャッチするアンテナでもあります。
 皆さんの元気みなぎるパワーが発揮されるところに現れ、応援します。

 詳しくは、ちょるるるーむ(マスコットページ)へ(おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会のページへリンク)

 開催期間

 平成23年10月1日(土)~11日(火)

実施競技

 県内の全19市町(加えて、広島県広島市、安芸太田町)にて、正式競技(37競技)、公開競技(1競技)、デモンストレーションとしてのスポーツ行事(19行事)が実施され、全国から約22,000人の選手団が山口県に集結します。

 おいでませ!山口国体・山口大会 広報パンフレット vol.9(PDF:6,123KB)

光市での実施競技

 セーリング        平成23年10月2日(日)~5日(水)
 バドミントン        平成23年10月7日(金)~10日(月)
 レクリエーション卓球  平成23年10月6日(木) (デモンストレーションとしてのスポーツ行事)

第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」について

おいでませ!山口大会
君の一生けんめいに会いたい

概要

 障害のある選手が競技等を通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、多くの人々が障害に対する理解を深め、障害のある人の社会参加を促進することを目的として開催される障害者スポーツの全国的な祭典です。

歴史

 全国障害者スポーツ大会は、それまで別々に開催されていた「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」を統合して、平成13年に第1回大会が宮城県で開催されました。 以降、オリンピック終了後に開催されるパラリンピックのように、毎年、国民体育大会終了後に開催されています。

全国障害者スポーツ大会シンボルマーク
 おいでませ!山口大会では、光市での開催競技はありませんが、平成23年10月22日(土)~24日(月)にかけ、県内8市で正式競技(13競技)、オープン競技(1競技)が開催され、全国から約5,500人の選手団が山口県に集結します。皆さまから選手への温かいご声援をお願いします。

 ※ 第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」の詳細はこちら(おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会のページへリンク)

 国体について

正式名称

 正式名称は「国民体育大会」といい、「国体」は略称です。

国体マーク kokutaiki

  国民体育大会マークは、昭和22年に(財)日本体育協会が定めた標章で、第2回大会から使用されています。
  マークは、30度右傾斜した赤色の火炎を青色の円帯(幅はマーク全体の直径の1/10)で囲んだものです。

内容

 広く国民の間にスポーツを普及し、国民の健康増進と体力の向上、地方スポーツの振興と地方文化の発展を目的とする、日本最大のスポーツの祭典です。
 各都道府県の代表選手が天皇杯(男女総合優勝)・皇后杯(女子総合優勝)を目指して行う「正式競技(セーリング、バドミントンなど)」のほか、「公開競技(高等学校野球(硬式、軟式))」や、開催地となる都道府県民の皆さんを対象とした「デモンストレーションとしてのスポーツ行事(山口国体ではレクリエーション卓球など)」が行われます。

歴史

 昭和21年、戦後の混乱期の中、京都府を中心とした 京阪神地区で、第1回大会が明るい希望と勇気を与える大会として 開かれました。その後は各都道府県の持ちまわり(共同開催含む)により開催され、昭和63年の第43回京都国体から2巡目となっています。
 平成15年には(財)日本体育協会において「大会の充実・活性化」と「大会運営の簡素・効率化」を柱とする「国体改革2003」が策定され、「夏季・秋季大会の一本化」、「参加総数の15%削減」など、改革に向けた取組が進められています。

山口県と国体

 昭和38年(東京オリンピックの前年)に「友愛、奉仕、躍進」をモットーに、第18回大会を開催しました。 平成23年開催の第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」は、48年ぶりの開催となります。

総合成績決定方法

得点

  1. 各種別、種目の第1位から第8位までの都道府県には、下表の競技得点が与えられます。
  2. 各競技に参加した都道府県には、10点の参加得点が与えられます。
  1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
種別(4人以下) 24点 21点 18点 15点 12点 9点 6点 3点
種別(5人以上7人以下) 40点 35点 30点 25点 20点 15点 10点 5点
種別(8人以上) 64点 56点 48点 40点 32点 24点 16点 8点
種目 8点 7点 6点 5点 4点 3点 2点 1点

  ※ 種目……個人戦、団体戦などの競技内容による区分、種別……男女や年齢による区分。

天皇杯

 男女総合成績(男女すべての競技の合計得点)が第1位の都道府県に授与されます。

皇后杯

 女子総合成績(女子競技のみの合計得点)が第1位の都道府県に授与されます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

おいでませ!山口国体 光市実行委員会事務局 国体推進部国体推進課総務企画係  
住所:〒743-0013 光市中央六丁目26番5号
電話番号:0833-74-3606  
メールアドレス:kokutai@edu.city.hikari.lg.jp