梅まつりコバルト・ウォーク

更新日:2020年07月17日

梅まつりコバルト・ウォークについて

コバルト・ウォークコース図

コバルト・ウォークコース図

光市の冠山総合公園において、毎年2月中旬から開催している「梅まつり」の期間内に行うウォーキングイベントです。

ウォーキングのスタートは、光市総合体育館です。戸仲~四季の森~市民の森~野鳥の森~コバルト台地からなる「コバルトライン」を経路とした6キロメートル、8キロメートル、13キロメートルの3コースがあり、ゴールは冠山総合公園の冠梅広場です。お好きなコースを選び、自然を感じながら楽しくウォーキングができます。

コース途中の萩の平展望台は、瀬戸内海国立公園が一望できる絶景スポットです。また、13キロメートルコース折り返し地点のコバルト台地は、「室積海岸」、「象鼻ケ岬」などのすばらしい景色を見渡すことができます。

冠山総合公園は、100種、約2000本の梅が咲き乱れる山口県NO.1の梅園があり、ラストスパートに美しい梅の世界を堪能することができます。

参加される皆様には、ゴール地点において「完歩証」や「参加記念品」、地域特産品が当たる「お楽しみくじ」などをご用意しています。

自然あふれるウォーキングコースで、美しい景色を楽しみながら爽快な気分を味わうことができます。皆様のご参加をお待ちしています。

コバルト・ウォークでコバルトラインを歩く参加者の様子
コバルト・ウォークでコバルト大地から室積海岸を眺める参加者の様子
コバルト・ウォークで梅の里を歩く参加者の様子