農業用ため池の届出制度が始まりました

更新日:2020年03月02日

平成30年7月豪雨など、近年、豪雨等により、多くの農業用ため池が被災し、甚大な被害が発生しています。

このため、農業用ため池の情報を適切に把握し、決壊による災害を防止するため、「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が制定され、令和元年7月1日に施行されました。

この法律により、農業用ため池の所有者や管理者の方は、ため池に関する情報を市を経由し、都道府県に届け出ることが必要となります。

(1) 対象となるため池

農業用に利用される全てのため池

現在農業用に利用されていないため池でも、過去に農業用に利用され、今でも利用可能な状態にある場合には、届出が必要です。

(2) 届出の期間

令和元年12月27日(金曜日)まで

(3) 届出書

(4) 届出窓口

光市経済部農林水産課 耕地林務係  

この記事に関するお問い合わせ先

経済部 農林水産課 耕地林務係
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1509

メールフォームでのお問い合わせ

意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

(注意)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。