本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 市民・くらし > 上下水道 > 浄化槽の廃止は

ここから本文です。

最終更新日:2013年1月16日

浄化槽の廃止は(下水道が使える区域の方)

公共下水道へ接続することにより不要となる浄化槽の処理は、内部の汚水をくみ取り、洗浄・消毒した後、完全に取り除くか一部を埋めたままにする方法があります。
浄化槽の跡地の利用や廃止工事費などはそれぞれの工事方法によって異なりますので、市指定工事店とご相談の上、お決めください。
また、保健所に「浄化槽使用廃止届出書」を提出する必要がありますので、忘れずにお願いします。

 

 ご質問に、お答えします

 

Q&A

 

排水設備の工事は、どんな業者でも施工することができるのですか?

Q&A

どんな業者でもできるとはいえません。市で指定する工事店でなければ、工事することはできません。
指定工事店に申し込みますと、あなたに代わって申請手続きを行ってくれます。

私の家は浄化槽を設置している水洗便所ですが、どうして下水道へ接続しなければいけないのですか?

Q&A

公共下水道は、環境の整備、水質の保全を目的としています。このため浄化槽の処理水は、既設の側溝に流れますので環境の整備、衛生の面から見ても完全とはいえません。法(下水道法第10条)では遅滞なく公共下水道へ流すように義務づけられています(下水道が使える区域の方のみ)

くみ取り便所を水洗トイレにするだけでよいのでしょうか?

Q&A

公共下水道の目的は、便所の水洗化と環境の整備、水質の保全を目的としているため、便所だけの水洗化では不十分です。
近年は生活排水が水質汚濁の原因とされています。このため、雨水を除くすべての生活排水を公共下水道に流すことで完全な排水施設といえます。(下水道法第10条)

 

お問い合わせ先

環境部下水道課  
住所:〒743-8501 光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1473(業務係)、1476(工務係)、1485(排水設備係)  
メールアドレス:gesuidou@city.hikari.lg.jp