本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問
  • 電話番号一覧

ホーム > 組織から探す > 教育委員会 文化・社会教育課 > サンホーム支援員(嘱託職員)を募集します

ここから本文です。

最終更新日:2018年8月10日

サンホーム支援員(嘱託職員)を募集します。

 

サンホームで勤務する支援員(嘱託職員)を募集しています。 

・ 業務内容

放課後及び学校の休業日等における小学校1年生から6年生の児童の保育

・ 応募できる方

児童の保育・支援に熱意があり、土曜日の勤務が可能な方

支援員資格取得済又はみなし資格のある者とし、みなし資格者(次の①~⑩に該当する者)については採用後直近の研修を受講のできる者

① 保育士の資格を有する者

② 社会福祉士の資格を有する者

③ 学校教育法(昭和23年法律第26号)の規定による高等学校(旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校を含む。)若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第90条第2項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者(第9号において「高等学校卒業者等」という。)であって、2年以上児童福祉事業に従事したもの

④ 教育職員免許法(昭和24年法律第147号)第4条に規定する免許状を有する者

⑤ 学校教育法の規定による大学(旧大学令(大正7年勅令第388号)による大学を含む。)において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

⑥ 学校教育法の規定による大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程において優秀な成績で単位を修得したことにより、同法第102条第2項の規定により大学院への入学が認められた者

⑦ 学校教育法の規定による大学院において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専攻する研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

⑧ 外国の大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

⑨ 高等学校卒業者等であり、かつ、2年以上放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事した者であって、市長が適当と認めたもの

⑩ 5年以上放課後児童健全育成事業に従事した者であって、市長が適当と認めたもの

・ 給与

  月額報酬106,900円、通勤手当、時間外勤務手当※

  ※108時間勤務を超えた法定内時間外労働は時給換算額を、法定外時間外労働(1日8時間超)については、時給換算額の1.25倍を割増した賃金を支払います。

・ 各種保険

  社会保険、労働保険

・ 勤務場所

  浅江第3サンホーム、島田第2サンホーム、室積サンホーム 各1名(勤務地は希望できません。)

・ 採用日

  平成30年10月1日

・ 就業時間

  月勤務108時間(週27時間)、1日当たりの勤務時間概ね5時間、週当たりの勤務日数  原則週5日

  下記の勤務時間で、ローテーション勤務とする。

  【サンホームの勤務時間】

  平日:授業終了時から午後6時まで(午後7時まで延長保育有)

  →14:00~19:00(5H)

  土曜:午前8時から午後6時まで

  →8:00~18:00(9H)

  長期休暇:午前8時から午後6時まで(午後7時まで延長保育有)

  →8:00~19:00(10H)

・ 応募方法

  履歴書(市販のもので可)、資格の写し及び作文(原稿用紙2枚)を、平成30年8月31日(金)必着で、教育委員会文化・社会教育課に提出してください。

  作文内容:放課後児童クラブの職員として大切なことは

  書類選考後、面接を行います。

   ※ 面接については、こちらから日程をお知らせします。

 

 

お問い合わせ先

教育委員会文化・社会教育課社会教育係  
住所:光市光井九丁目18番3号
電話番号:0833-74-3604  
メールアドレス:bunsya@edu.city.hikari.lg.jp