本文へジャンプします。

  • サイトマップ
  • ご意見・お問い合わせ
  • 携帯サイト

ズームサイト

  • ホーム
  • 市民・くらし
  • 観光
  • 産業・事業
  • 市政情報
  • 組織から探す
  • よくある質問

ホーム > 組織から探す > 政策企画部企画調整課 > 移住促進用パンフレット

ここから本文です。

最終更新日:2017年8月14日

平成29年度 移住促進パンフレット

  昨年度は、市民の皆様との協働により、子育て世代をはじめとした若者をターゲットしたパンフレット「おせっかいな おっぱい都市」を作成しましたが、これまでの移住促進に向けた取組みの成果や、都市圏の移住希望者からのニーズなどを踏まえまして、今年度は、地方への移住を希望している「子育て世代」はもとより、農業・漁業などの就業希望者や地域おこし協力隊、さらには、定年後のシニア世代をはじめとした様々な世代に、本市への移住を促していくため、移住に関する情報を総合的に網羅した内容のパンフレットを作成することとしています。

  ・作成時期(予定) : 平成29年12月頃
    ・受託者 : 「光市おせっかいプロジェクトチーム(外部サイトへリンク) 《昨年のパンフレット作成にご協力いただいた市民で構成する支援グループ》」

作成に向けた取り組み

①光市役所本庁舎を活用した「人前結婚式」を開催

     8月9日(水-ハグの日)の午後5時20分から、光市役所の本庁舎玄関ロビーと玄関前スペースにおいて、シティセールスの観点から「人のやさしさ(“おせっかい”)」をPRするとともに、当日に婚姻届を提出されたカップルに光市への愛着と定住意識を高めていただくために「人前結婚式」を開催しました。
     平日の夕方からの開催にもかかわらず、約120人の市民にご列席いただき、お祝いダンスやフラワーシャワー等により、新たな門出を迎えられたお2人を祝福しました。
     式の様子は、パンフレットの中でもご紹介していく予定です。

  ★当日の様子は、こちらからご覧いただけます。
     ・「ふぉと de ひかり(8月)」
http://www.city.hikari.lg.jp/photo/h29/machigurumi_2017.html
     ・受託者 「光市おせっかいプロジェクトチーム(フェイスブック)」
https://www.facebook.com/osekkaihikari/

新婦入場
  新婦が光市長とともに入場

ベールオープン
市役所の玄関ロビーにて
「人前結婚式」を開催

お祝いダンス 
列席いただいた市民120人が
ダンスで新郎と新婦をお祝い


平成28年度 移住促進用パンフレット「おせっかいな おっぱい都市」を作成しました。

    「子育てしやすいまち」という本市のイメージをさらにアピールしていくため、昨年、制作した人口定住促進動画「ひかりのまち(外部サイトへリンク)」に続く
   プロモーション活動として、特に、若い世代の移住検討者に、シティセールスの観点からまちの特性を積極的に発信するとともに、本市への移住検討を促進
   するために作成しました。

      移住促進用パンフレット「おせっかいな おっぱい都市」   (リンク:ヤマグチイーブックス)

パンフレットの特徴 

1 市民との協働による手作り
      企画の段階から取材、制作、編集にいたるまで、本市へ移住した
   市民の方と、3カ月にわたって協働し、作成しました。
    【協働いただいた市民の方】
      ・企画、取材、制作、編集
        佐々木 淳志さん(岡山県倉敷市から移住)
     ・制作、編集
        松本 奈津美さん(山口県岩国市から移住)
     ・表紙撮影
        渡辺 美沙さん(山口県下松市から移住)

協働いただいた市民の方
【パンフレットの編集について意見交換をしている様子】

2 移住経験者や市民の声(意見・感想)を集中的に掲載
    移住関連のパンフレット等の中で、特に読者の関心が高いとされる「住民の声」については、協働いただいた3人の「編集
    後記」 をはじめ、3人の移住体験者へのインタビュー、さらに本市在住の16組のご家族に協力いただいた「光市の子育て
    環境」についてのアンケートを掲載するなどリアリティのある構成としました。

Iターン永井さん
建築設計事務所を開業した
永井 慎太郎さん《Iターン》

Iターン茂呂居さん
親子でタコ漁に励むニューフィッシャー
茂呂居 諭さん《Iターン》

Jターンの木村さん 
洋服店とイタリアン料理店を営む
木村明美さん《Jターン》

   3 インパクトがある表紙とフレーズ
       光市の「売り」や「イメージ」を分かりやすく移住希望者に伝えるため、表紙
     には、「おっぱい都市都市宣言のまち」として、乳児が母親の胸の中でやさしく
     抱きしめられている写真を採用するとともに、全国でも先進的なコミュニティ・
     スクールの取組みをはじめ、熱心なPTAやおやじの会の活動、さらに、きめ細
     かい母子保健推進員の訪問体制などの本市の特性を、良い意味での「おせっ
     かい」というフレーズで表現しました。
表紙・裏表紙 

  パンフレットの活用方法

   都会で開催される移住関連のフェアにおいて、参加者や相談者に「光市」やまちの特性を認知していただくために活用するほか、関東圏の行政機関
  や県内外のサービスエリアへの配置、さらには、結婚や出産をはじめ、移住を検討する事由に関連する市内の施設にご協力いただき、主に市外の方
  に向けて配布することとしています。

【県外】
  ・移住関連のフェアにおいて、参加者や相談者に「光市」やまちの特性を説明するために活用
  ・東京都の23の全区役所(平成28年10月中旬から配置)や、「やまぐち暮らし東京支援センター」などの関連事務所の移住コーナーに配置
  ・高速道路の宮島サービスエリア(下り)内に配置   

 

【市外】
  ・JR徳山駅構内、美東サービスエリア(上下、平成28年10月中旬から配置)内に配置

【市内】
  ・光市観光協会
  ・光市商工会議所、大和商工会
  ・産婦人科病院(梅田病院、みちがみ病院)
  ・結婚式場(ホテル松原屋、マリーズヴィル光)

    ※パンフレットを、窓口への配置や、市外の顧客等にお渡しいただける事業所を募集しています。配置・配布が可能な期間や部数について、
  企画調整課までご相談ください。

お問い合わせ先

政策企画部企画調整課企画係  
住所:光市中央六丁目1番1号
電話番号:0833-72-1408  
メールアドレス:kikaku@city.hikari.lg.jp